海上釣り堀を攻略し竿頭を目指すためのサイトです。失敗は竿頭へと続く道の上にある。そして誰もが竿頭の権利は持っている!

海上釣り堀攻略ナビ

海上釣堀の仕掛け 記事一覧

海上釣堀で基本的なウキ釣り仕掛けの作り方《最強ウキペット編》

更新日:

【2022年】最新ウキ釣り仕掛けづくり

久しぶりの更新です。今回は私がおすすめする最新のウキ釣り仕掛けについて記事にしたいと思う。

仕掛けづくりについてはそれぞれこだわりがあるだろう。いつも同じ仕掛けにするのではなく、ときには柔軟に新しいものを取り入れることも大切だ。

海上釣り堀の釣り方は大きく分けてウキ釣り・脈釣りに分かれる。どちらが良いかはその日その時の状況によって変わってくるため両方用意した方が確実に良い。今までの経験や上級者をみると基本的にはウキ釣りの方が釣果を上げることができている。今回はウキ釣りの仕掛けについて特化した内容にしていく。

一般的なウキ釣り仕掛け

一般的な仕掛けは下記のような仕掛けになる。

上から
ミチイト(PEまたはナイロン)
ウキ止め
①シモリ玉
②ウキ止めペット(ウキ止めペットにウキをつける)
③シモリ玉
オモリ付きクッションゴム
ハリス
ハリ

私もこのようなごくごく一般的な仕掛けで海上釣り堀に臨んでいる。この仕掛けで今まで十分釣果を上げることができていた。ただ、仕掛けづくりの最大のデメリットは『めんどくさい』ことだ。

特にシモリ玉を二つとウキペットをミチイトに通すのが非常にネックになる。40代くらいから近くのものが見えにくくなり仕掛けづくりが億劫だ。また、釣行中に仕掛けを作り直す際は非常にストレスがかかる。

あるときYouTubeで仕掛けづくりのヒントをもらった。ロッシー&ロコというYouTubeチャンネルで『富士工業 スーパーラインスベル PLSMLSR0.7』を紹介していた。(ロッシー&ロコさんは三重県玉城にある釣具店の方です)

このスーパーラインスベルはシモリ玉2個とウキペットがひとつになったものだ。仕掛けづくりが簡単になるのが最大のメリットだ。


 

よけいな部品がなくなれば仕掛けの落下スピードが上がり手返しが良くなる。さらに仕掛けが絡みにくくなるメリットなどもある。実際の落下スピードについては『何となく速くなる程度』だが、それでも今のところメリットしかない。

スーパーラインスベルを使った仕掛けづくり

上から
ミチイト(PEまたはナイロン)
ウキ止め2か所
スーパーラインスベル(スーパーラインスベルにウキをつける)
オモリ付きクッションゴム
ハリス
ハリ

このような仕掛けになる。

まとめ

今のところウキペットはスーパーラインスベルが一番良かった。シモリ玉+ウキペットを使っている方は騙されたと思ってスーパーラインスベルを使ってみて欲しい。これ一つでウキ釣りの仕掛けづくりが本当に楽になる。

先日、初心者の方から仕掛けの購入に付き合ってほしいと頼まれ釣具店に行き、スーパーラインスベルをすすめたが。。隣にあった類似品の安い方を購入し実釣へ、、案の定釣りにならなかった。

通常のウキペットはシモリ玉とのセットが必須だ。少し値は張るがスーパーラインスベルがおすすめである。

sponsor




sponsor




-海上釣堀の仕掛け, 記事一覧
-, , , ,

Copyright© 海上釣り堀攻略ナビ , 2022 All Rights Reserved.