海上釣り堀を攻略し竿頭を目指すためのサイトです。失敗は竿頭へと続く道の上にある。そして誰もが竿頭の権利は持っている!

海上釣り堀攻略ナビ

海上釣堀のエサ《まとめ》 記事一覧

海上釣堀でおすすめの基本的なエサは!?エサ代を無駄にしないために

更新日:

海上釣堀のエサはバリエーションが大事

海上釣堀では多種多様な魚が生簀内に放流されていて何人もの釣り客が同じようなエサを一斉に投入したら魚は警戒してしまう。そんな状況の中で定番の「生ミック」だけ持ってきた初心者はどうなるか想像できますよね。エサは金額ではなく種類がたくさんあった方が断然有利。私の場合最低10種類以上は持って行きます。時間帯やその日のコンディションで当たりエサが変わるので必ず釣れるエサはというのはごく一部です。

海上釣堀のエサは地域や釣り堀によって合性があります。例えば三重県と大阪は近くですが使われてるエサが微妙に変わってきます。基本的な部分は大体同じだがその釣り堀の定番エサは下調べはしておいた方が良い。

一度にすべてのエサは使いきれないためエサ代が無駄にならないためにあらかじめ購入し、必要な分だけタッパに入れて持って行くのがおすすめです。タッパに入れておけばどんな銘柄のエサを使っているか他の釣り客に分かりません。同じ筏に乗り合わせた仲間とは言えライバルです。釣れているエサをまわりに教えないのも作戦の一つです。

今からおすすめのエサを紹介していきますが、活きエサ以外はネットでも購入できる。ネットで購入し自宅で小分けにして使えば経済的です。

海上釣堀の定番のエサは団子(練りエサ)

団子エサは種類が豊富にあり非常に迷います。最低でも3種類、できれば5~6種類あると安心できる。数ある団子エサの中でも海上釣堀練餌海道のQueenとKINGは必ず持参している。私が良く行く釣り堀では使っている釣り客がいないのもあるかもしれまないが過去の実績では一番釣果が出ている。地元の釣具店ではあまり見かけないので、ネットで購入し常時冷凍庫で保管しているくらいだ。色も重要な要素で黄色系は必ず一つ持参する。あとは新商品や使ったことがない団子から選んでる。



海上釣堀練餌海道Proシリーズ Queen ハードタイプ
おすすめ度★★★★★
シマアジ★★★☆☆
真鯛★★★★★
青物★★☆☆☆
現時点で最強のダンゴエサです。喰いはダンゴエサの中でも特におすすめです。ハードタイプはエサ取りが多いときに活躍。



海上釣堀練餌海道Proシリーズ KING ソフトタイプ
おすすめ度★★★★★
真鯛★★★★★
青物★★☆☆☆
QUEENと同様に非常におすすめです。ソフトタイプでバラけやすいため集魚効果も高く朝一の一投目に是非使ってほしい。



趣味娯楽社 生ミック
おすすめ度★★★★☆
真鯛★★★★☆
青物★★☆☆☆
全魚種に対応する定番中の定番。養殖のエサに似せているため喰いが良く、原材料はエビ・小麦粉・魚粉・サナギ粉等を混ぜ合わせている。オキアミと生ミックの組み合わせは特におすすめ。



魚かし しまあじ
おすすめ度★★★★☆
シマアジ★★★★☆
真鯛★★★☆☆
青物★☆☆☆☆
シマアジ狙いをするなら3本の指に入れたいエサの一つ。真鯛の喰いも良く余裕があるなら持参したい。



魚かし 真鯛
おすすめ度★★★★☆
真鯛★★★★☆
青物★☆☆☆☆
このエサだけで10匹以上釣りあげたこともある。値が張るためまわりの釣り客とかぶらないことも勝因。



マルキュー マダイイエロー
おすすめ度★★★★★
シマアジ★★★★★
真鯛★★★★☆
青物★☆☆☆☆
アピール力があり他のエサで釣れないときに使うエサの一つ。もちろん一投目に使ってもアリ!我慢できないなら最初に使ってみるのも釣果アップの秘訣。



マルキュー マダイスペシャル
おすすめ度★★★☆☆
真鯛★★★★☆
青物★★★☆☆
メーカーが本気を出した一押しの真鯛専用ダンゴ。さらに青物も釣れる万能エサ。迷ったらマダイスペシャルと言っても良い。



マルキュー 魚玉
おすすめ度★★★☆☆
真鯛★★★☆☆
青物★★☆☆☆
ソフトタイプでゆっくりバラケるため集魚力が強み。生ミックと同様に人気の定番エサ。生ミックか魚玉のどちらかは持参したい。



ヒロキュー 本虫ダンゴ鳳玉練磨
おすすめ度★★★☆☆
真鯛★★★☆☆
青物★★☆☆☆
マムシ配合の数少ないダンゴエサ。マムシの匂いがときに爆釣をもたらしてくれるほどの集魚力がある。小分けにして必ずしている。



マルキュー マダイストロング
おすすめ度★★★☆☆
真鯛★★★☆☆
青物★★☆☆☆
旧イワシダンゴの後継商品。イワシが配合されているため真鯛から青物まで釣れるダンゴエサ。新発売で何度か試している期待できる新商品。


海上釣堀の主力の生エサ

生エサは団子と同じくらい重要なエサです。団子で釣れないときは生エサを軸にします。最低でも5種類、できれば10種類あると安心できる。私は下記のエサを含めて10種類は持参している。生エサはスーパーでも購入可能だが釣具店で販売しているものは塩漬けして痛まないように加工されていたり、アミノ酸や色漬けなど工夫されている。基本的には釣具店で販売されている専用エサにしているが、一部スーパーなどで調達している。



マルキュー くわせオキアミスペシャルM
おすすめ度★★★★★
真鯛★★★★★
青物★★★★☆
海上釣堀で何故か使わない人が多いオキアミ。私は一種類しか使えないなら間違いなくオキアミを選択するくらいおすすめです。



マルキュー くわせキビナゴ
おすすめ度★★★☆☆
真鯛★★★☆☆
青物★★★☆☆
時に良い思いをさせてくれる定番のエサ。使い方によっては可能性が広がることを期待して攻略中。



メジカ(ソウダガツオ)
おすすめ度★★★★★
真鯛★★☆☆☆
青物★★★★★
季節や日によってムラはあるが青物には特におすすめ。カツオで何度も爆釣しているが、釣り方に秘訣がある。カツオの攻略は竿頭になるための第一歩。小さくカットすれば真鯛も喰ってくる万能エサ。



オリジナルイワシ
おすすめ度★★★★★
真鯛★★★☆☆
青物★★★★★
自然界の生きたエサといわれるイワシは青物・真鯛とも喰いが良い。スーパーの新鮮なイワシを通年試したが、釣具店で販売している加工された冷凍イワシの方が実績が良い。爆釣は期待できないが、ここぞというときに活躍してくれる。



海上釣堀練餌海道 タイガーズ愛・海老
おすすめ度★★★★★
真鯛★★★★★
青物★☆☆☆☆
活性が高いときは全て使い切ってしまうほどアタリが多いタイガーズ愛・海老。何度か試してほしいおすすめのエサの一つ。



ササミパック(黄)
おすすめ度★★★★☆
真鯛★★★★★
青物★☆☆☆☆
真鯛を狙うならササミは外せない。それほど真鯛狙いの定番である。スーパーで調達したササミを専用漬け込み液で加工するのもおすすめ。



イカの切り身
おすすめ度★★★★★
真鯛★★★★☆
青物★★★★★
知る人ぞ知る万能エサである。全ての魚種に対応するイカは別記事でじっくり解説したいほど。


海上釣堀の活きエサ

活きエサとは生きているエサのことだ。海上釣堀まで活かしたまま持って行くためエサによっては管理が必要。初心者は活きエサを使わない方が多いが、シラサエビや活きアジなど、定番のエサは是非試して欲したほうが良い。最低でも2種類は用意した方が良い。私の場合は4種類以上は持参する。活きアジは釣り堀で販売していますが、ない場合もあるので置いてあるか確認しよう。その他の活きエサは釣行直前に購入し、死なせないように注意してください。またネットでの購入は不可のため活きエサは釣具店で購入



青イソメ
おすすめ度★★★★★
真鯛★★★★★
青物★☆☆☆☆
釣れていないときこそローテーションに加えて欲しい。一度青イソメに反応すれば連発することも多い。


シラサエビ
おすすめ度★★★★★
シマアジ★★★★★
真鯛★★★★★
青物★★★★☆
エアーレーションが必要で初心者には難易度が高いが、ベテラン釣り客ほど必ず持参するのがシラサエビ。地域によってはモエビとも言う。1匹掛けや房掛け、誘いなどの工夫すれば釣果を上げることができる。


ウタセエビ
おすすめ度★★★★★
真鯛★★★★★
青物★★★☆☆☆
ウタセエビとダンゴエサしか持参しないのにいつも爆釣している上級者がいる。活きエビ効果はそれだけ期待できるので、シラサエビかウタセエビのどちらかあると安心する。ウタセエビは一つテンヤよ呼ばれる真鯛釣りにも使われるエサでかなり期待できる。さらに青物まで狙える万能エサである。


ボケ
おすすめ度★★★★☆
真鯛★★★★★
青物★★★☆☆
時期によって入手できないこともあるが朝一の第一投で喰ってくることが多く実績が高い。シマアジ・青物にも反応が良くおすすめである。


マムシ
おすすめ度★★★☆☆
真鯛★★★☆☆
青物★★★☆☆
コンディションによってムラがあるがどんな魚種でも喰ってくる。値が張るためここぞというときに試して欲しい。時には良い思いをさせてくれる。


ザリガニ
おすすめ度★★★☆☆
真鯛★★★☆☆
青物★☆☆☆☆
お値打ちです!ボケが入手困難なときに持参するが想像以上に反応してくれることがある。イメージ以上のコストパフォーマンスを発揮してくれる。


 

海上釣堀ではただ釣れるのをじっくり待っているのでは釣果は伸ばすことはできない。エサのローテーションは5分以内に行うことがポイント。特に釣れない時間帯は2~3分置きにエサのローテーションを行い当たりエサを見つけよう。それでも釣れない場合はタナを変えて同じようにエサのローテーション繰り返し釣れるタナを探すと良い。当たりがない時は黙って待つより手を変え品を変えることす。

エサの付け方やアクションを加えることも重要です。ここではエサの紹介のみですがエサの付け方、加工の仕方、アクションについても具体的に今後説明していきます。

まとめ

エサの種類はできるだけ多い方が良い。一度に全て使い切ることはできないので小分けにすると経済的。団子エサは3種類以上、生エサは5種類以上、活きエサは2種類以上を最低でも持参し、余裕があればその倍はあったほうが安心できる。エサのローテーションをこまめにして当たりエサを見つけることが大切です。時間帯によって当たりエサが変わることを忘れてはなりません。

ほとんど知られていない真実

私は今まで天然青物をクーラー5,000L分は捌きました。胃の中を見ると自然界ではどんなエサを食べているかよく分かる。天然の魚は好きなエサを自由に食べていて、その胃袋に入っている好物を海上釣堀でエサとして使かっている釣り客はあまりいない。そのような好物を知っていれば釣果アップへの道は確実に広がる。えーー!そんなエサあるの?何て思うかもしれませんが実際にあるんです(笑)。

sponsor




sponsor




-海上釣堀のエサ《まとめ》, 記事一覧
-, , , ,

Copyright© 海上釣り堀攻略ナビ , 2020 All Rights Reserved.