海上釣り堀を攻略し竿頭を目指すためのサイトです。失敗は竿頭へと続く道の上にある。そして誰もが竿頭の権利は持っている!

海上釣り堀攻略ナビ

海上釣堀のエサ《まとめ》 海上釣堀のエサ《青物編》 記事一覧

海上釣堀の青物攻略!サンマの1本掛けにチャレンジ

更新日:

海上釣り堀で青物を釣るには

釣り堀に行くなら青物を必ず釣りたいと思うのは当然の目標。その目標を叶えることができる釣り人は全体のどれくらいいるのでしょうか。私の感覚では半分以下の人だと思う。どれだけ上級者でも青物ボウズってことは稀にあること。釣れる人、釣れない人が出てくるのは実力と運のバランスで出来ているからだと思う。

運に左右されるときとは!?

一緒に生簀に入る釣り客によって釣果が左右されることがある。それは魚の活性を上げてくれる上級者もいれば、バラして活性を落としてしまう釣り客がいたり様々な要因がある。

こればかりはまわりの釣り客の腕によって左右されてしまう。とは言え、最初から運次第と思ってしまうと毎回安定した釣果を上げることはできない。運は自ら切り開いてこそ上級者に近づくもの。

運に左右されないためには!

まわりの釣り客に左右されないためには釣り方の引き出しを多く持つこと。

その時の状況に合わせた釣り方を一つでも多く持つことで釣果を上げることができる。毎回違う状況のなか同じ釣り方をしていては釣果を安定させることはできない。その時の状況に応じて確率が高い釣り方を選択することが必要である。

何度も案内しますが、釣り方の引き出しを多く持つことが大事なのである。その引き出しを増やすために今回はサンマの1本掛けで青物を釣る方法を説明したいと思う。

海上釣り堀でサンマの1本掛けをエサに青物を掛ける秘訣

今回はサンマの切り身をハリに付けて待つ釣りではない。サンマを丸ごと1本使いアクションで喰わせる釣り方である。

サンマの1本掛けは青物の口には大き過ぎる問題

サンマ1本を青物が丸飲みするには大きすぎて物理的にハリになかなか掛からないと思っていた。が、上級者に聞くと意外に大きくても喰ってくるからサンマは試すべきと助言を受けた。ここ最近、サンマの1本掛けチャレンジを続けた結果かなり青物を釣り上げることができたので紹介したいと思う。

そもそもサンマをあまり使わなかったのは青物の活性を上げるためのツールだと思っていたから。サンマはアクションを付けた誘いで青物のスイッチを入れることができる。その他にアタリがあってもなかなかハリに乗らないことが多かったりでサンマの1本掛けに向き合っていなかった。

上級者でも青物がサンマに反応するのが分かっているものの使わないのはそのあたりにあるとのこと。また、サンマは置き竿では全く反応しない。アクションをさせることで喰わせるエサのため若干センスが必要である。

活性が上がるとは

活性が上がっているときはラインを巻いているときにサンマを追ってくる。追ってきていたらスイッチが入っていることになる。この状態まで持ち込むことができたら少なからず活性は上がってきている。サンマにアタックしてきたら完全に活性が上がっている。

サンマ1本掛けの仕掛け

・ミチイトPE3号
・ウキ3号
・オモリ付きクッションゴム2.5号
・ハリスフロロカーボン5号1m
・ハリスの中間にゴム張オモリ3号をセット
・管付きハリ13号
・棚:底から0.5m

サンマへのハリの付け方

サンマの口にハリを掛ける方法が一般的だが、これだとハリからサンマが外れてしまうことがある。また、丸飲みしても青物がハリに掛かりにくい。それはサンマは尾っぽから丸飲みされるため、ハリがサンマの口元にあるとヒットする確率が極めて低くなるからである。

ヒットの確立を上げるためにはハリをサンマの頭下あたりにセットする必要がある。そうすれば青物がサンマを少しでも喰わえてしまえば掛けることができる。ここが最大のポイントになる。

①サンマの上あごから頭部に向かってハリを通す
②右目→左目にハリを2周通す
③最後にサンマの頭下あたりハリを掛ける

サンマの加工について

サンマはそのまま使うのではなく、背骨を取り除くこと。背骨を取り除きサンマの身が2枚ヒラヒラする状態にすると青物へのアピール力が強まる。また、青物はサンマの尾っぽから丸飲みするため背骨がない方が良い。

サンマ1本掛けのアクション方法

他の釣り客に迷惑にならない程度にできる限り遠投する。サンマが着底すると同時に中層まで早巻きストップし2秒程ステイさせ、反応がなければ更に海面まで早巻きをする。アタリがなければ再度繰り返す。その他アクション方法は、竿をゆっくり右往左往させる、小刻みに巻き上げるなどのアクションを付けて青物のスイッチを入れる。

サンマを使うタイミングは活性が高いときはもちろん、低活性のときもありだ。ただしサンマを使えば必ずアタリがある訳ではないため、10分ほど試してみてアタリがなければ違うエサにローテーションしよう。無駄に粘らないことも大切だ。

サンマの1本掛けは青物の活性を上げることができる。活性を上げると他の釣り客が釣ってしまい自分は釣れないこともある。ただ何もアタリがない時間帯は待っているだけではプラスにはならない。サンマにアタックしてくることもあるので、ハリ掛かりしやすいように頭下にハリをセットして1匹でも多く釣り上げよう。

sponsor




sponsor




-海上釣堀のエサ《まとめ》, 海上釣堀のエサ《青物編》, 記事一覧
-, , ,

Copyright© 海上釣り堀攻略ナビ , 2020 All Rights Reserved.