海上釣り堀を攻略し竿頭を目指すためのサイトです。失敗は竿頭へと続く道の上にある。そして誰もが竿頭の権利は持っている!

海上釣り堀攻略ナビ

海上釣堀のテクニック 記事一覧

海上釣り堀で青物を確実に釣り上げるためのテクニック【ジャーク編】

投稿日:

海上釣堀で青物を狙うなら、毎回言っている『引き出し!』を増やすことだ。

今回の記事は上級者がよく使うテクニックの一つで、青物を釣り上げるための非常に有効な手段の一つだ。ここ最近、今から紹介するテクニックで何度も青物を仕留めることができたのでお伝えしようと思う。

エサの回収時に青物が追ってくるとき

海上釣り堀に何度か行けば、エサの回収時に青物が追ってくる経験はあるだろう。青物が追ってきても大体は水面で見切られてしまい、何もできずに終わってしまうことも多い。

その追ってきた青物をヒットさせることができれば、釣果を飛躍的に伸ばすことができる。

エサの回収時に追ってくる青物は通常時より活性が高く、やる気が少なからずある個体だ。中にはやる気マンマンの個体もいるだろう。そんな時に有効な手段だ。

青物をテクニックで釣る方法

仕掛けの回収時に青物が追ってきたら、海面すれすれで竿先を左右に何度もジャークすることで青物をヒットさせることができる。追ってきている間は、ジャークを止めないこと。その間はリーチ状態だ。

この時、仕掛けは海中に入っている状態。エサの動きが止まらないように竿先を左右に動かし続け、見切られた場合は、やる気があるうちに再度しかけを投入し直すことだ。

仕掛けについて

仕掛けはウキ釣りでも脈釣りでもどちらでも良い。一番のポイントは、ハリスを短くしてジャークの際にエサの動きが止まらないようにすること。ハリスが長いと左から右に切り返すときにエサの動きが一瞬止まってしまい見切られてしまう。ここは特に注意して欲しい。

トップガイドからハリ先まで50センチくらいの仕掛けを作るようにしよう。ここが一番の重要ポイントだ。

上記でも説明したように、ハリスが長いと左右に竿先を切り返すときにエサが一瞬ステイしてしまうため、必ず短くすることが大切だ。

文章だけの説明だと分かりづらいため、補足として動画を参考にして欲しい。

おすすめのエサとは

◎ ・青虫2~3本
〇 ・サヨリ背骨抜き
△ ・イカの切り身 1.5㎜x100~150㎜

おすすめは青虫だ。青虫の頭にチョン掛けが良い。5投しても追ってこなければ、サヨリに変えたり時間をおいて試してみよう。

※注意点 エサの付け方

仕掛けの回収時にエサを回転させないこと。エサが回転すると見切られてしまう。回転しないよう、エサをハリに付ける時に意識しよう。

まとめ

今回のテクニックは必ず釣れる方法ではないが、感覚では釣行3~4割くらいの確率で青物が釣れている。とにかく引き出しを増やし可能性を上げることが大切だ。

sponsor




sponsor




-海上釣堀のテクニック, 記事一覧
-, , , ,

Copyright© 海上釣り堀攻略ナビ , 2021 All Rights Reserved.