海上釣り堀を攻略し竿頭を目指すためのサイトです。失敗は竿頭へと続く道の上にある。そして誰もが竿頭の権利は持っている!

海上釣り堀攻略ナビ

「記事一覧」 一覧

【1年試行錯誤】上級者に情報収集しまくった海上釣堀で有効な自作ササミエサの作り方

誰でも一度は使ったことのある、海上釣堀で一般的なエサである『鶏ササミ』。とてもよく釣れるエサの一つだが、昨年までは私の中であまり信頼できるエサではなかった。 当HPで紹介している自作エビエサが良く釣れ ...

海上釣堀で青物を釣るための仕掛けづくり!トラブル攻略

今回は海上釣堀で青物のウキ釣り仕掛けに特化して記事にしていきます。 タックル 私の場合、1タックルをセットするのに30分以上掛けて仕掛けづくりを丁寧にしている。皆さんはどれくらい時間を掛け、仕掛けづく ...

当HPに問い合わせをされる方へ

問い合わせフォームからご連絡される際の注意点について 問い合わせフォームよりお問い合わせを頂いていますが、返信できないことがあります。 下記の要因が考えられます ・メールアドレスの誤記入 ・迷惑メール ...

海上釣り堀で活性が低くても釣果を上げる秘策

『今日は活性が低すぎて全然釣れなかった』何て経験はありますか? もし、そのような日に出くわした場合、釣りを諦めてしまう方もいるでしょう。しかし!活性が低いときは低いなりの釣り方がある。どんな日でも釣り ...

海上釣り堀で青物をほぼ必ず釣るためのテクニックとは

当方の自作エビエサのリピーターさんの知人との方から直接電話があり、エビエサを購入するので青物が必ず釣れるエサをサービスで付けて欲しいとの要望をいただきました…。私が知る限り青物が必ず釣れるエサは現在の ...

海上釣堀で釣った魚をより美味しくいただくための処理と保存方法

50代男性アングラーさんからの感想です 管理人様の記事で海水の潮氷漬けの記事。その通りにさせていただいたら、今までとは比べ物にならないほど、鯛が美味しかったです。 もっと早く実行していればと悔んでいま ...

『海上釣り堀攻略ナビ』オリジナル自作エサ《感想編》その⑤

自作エビエサ釣果レポートが溜まっていましたので、記事にしたいと思います。 自作エビエサ釣果レポート 30代アングラーさん釣果報告(2020年1月中旬) 自作エビエサをリピートされた方から釣果報告です。 ...

海上釣堀の青物攻略!活性の高い青物を喰わせる実績のあるエサとは!?

青物を釣行の度に必ず釣ることはなかなか難しい。毎回コンスタントに青物を釣るためには一つでも多くのテクニックを持ち、その日の状況によってテクニックを使い分けなければならない。そうすることで釣果の確率を上 ...

海上釣堀の脈釣り竿の適正長さを3年間分析!竿の長さは釣果に影響

脈釣り竿は釣果の安定に繋がる! 脈釣りのメリット・デメリットはいろいろあるが、脈釣りの良いところは繊細なアタリを捕らえて掛けることができたり、ダイレクトに伝わる感覚が面白かったりするところである。一般 ...

海上釣堀の青物攻略!サンマの1本掛けにチャレンジ

海上釣り堀で青物を釣るには 釣り堀に行くなら青物を必ず釣りたいと思うのは当然の目標。その目標を叶えることができる釣り人は全体のどれくらいいるのでしょうか。私の感覚では半分以下の人だと思う。どれだけ上級 ...

『海上釣り堀攻略ナビ』オリジナル自作エサ《感想編》その④

自作エビエサ釣果レポート 30代アングラーさん釣果報告(2019年8月下旬) 自作エビエサをリピートされた方から釣果報告がありました。関西エリア在住で海上釣り堀歴5年の30代アングラーさんからです。今 ...

海上釣り堀のエサは鮮度が大切!おすすめ管理方法とは!?

海上釣り堀のエサの管理はどうされてますか? 気温が高くなってくる6月から10月頃までは冷凍・冷蔵エサをクーラーボックスからだして常温のまま放置していると鮮度が落ちてしまう。特に気温の高い真夏の炎天下で ...

海上釣り堀上級者が実際使っているハリスを聞いてみた!

一般的にハリスのサイズは釣り方、魚種によって決める。太すぎると喰いが悪くなるし、細すぎるとバラシのリスクが大きくなる。また、細ければ細いほど魚への違和感やプレッシャーが減り喰いが良くなる。 海上釣り堀 ...

海上釣り堀で青物を必ず釣り上げるための秘訣とは!?半年間の実釣結果

青物の時合いは基本的に青物放流時となる。そこでクジで外れると1日青物が釣れない・・・。 『今日は青物の活性が悪かった・・』 『潮が悪くて・・、水温が低かったから・・』 『名人に釣られてしまった・・』 ...

シーバスロッドを海上釣堀用脈釣りロッドにリメイク!

脈釣りロッドの重要性について 海上釣堀でウキ釣りをするならある程度どんなロッドでも釣りができる。一方、脈釣りとなると穂先が柔らかく繊細なアタリを捕らえるための穂先にする必要がある。 穂先が固いロッドで ...

Copyright© 海上釣り堀攻略ナビ , 2020 All Rights Reserved.