海上釣り堀を攻略し竿頭を目指すためのサイトです。失敗は竿頭へと続く道の上にある。そして誰もが竿頭の権利は持っている!

海上釣り堀攻略ナビ

海上釣堀のタックル 記事一覧

海上釣り堀で使うおすすめのリールとは!?

更新日:

海上釣り堀で使われているリールは様々だ。スピニングリールの他にベイトリール(両軸リール)があるが、それぞれのデメリット・メリットがあるので自分に合ったスタイルでリールを選ぶことが重要なのである。さらにリールは種類の他に性能があり、それを今から解説していきたい。私自身が過去に経験していることだが、リール性能についてあまりも知られていないのが現状だ。それを理解すれば安価なリールでも十分対応できるのが海上釣り堀である。

海上釣り堀はリールのドラグ性能が重要

まずドラグ性能について理解しよう。「ドラグ!?」聞いたことはある人は多いが、知っているようで知られていない機能のひとつだ。ドラグ性能とは、魚が掛かったときの引きの強さによってラインがリールのスプールから滑りだし、滑り出したラインがどれだけスムーズにラインが出るのかを調整できる機能である。ドラグの設定はスプールに付いているダイヤルを締める・緩めるでことで調整できる。

私がドラグ性能のことを知ったのはルアーフィッシングをしたときで、エサ釣りの時は考えたことがない。ルアーフィッシングは竿のクッション力とリールのドラグを重視するためドラグ性能が重要なのである。エサ釣りのときはスプールの上についているダイヤルはスプールを固定しているただのネジでしかないと思っていたが、今ではどんな釣りでもラインブレイクを防ぐために必ず調整している。

ドラグ設定の調整方法

調整方法は上記のダイヤルを時計回りに回せばドラグが締まりラインが出なくなる。逆に反時計回りに回せは緩みラインが出るようになる。手でラインを引っ張り少しジッとラインが出る程度で調整しておくと良い。ラインの太さや魚のサイズによって調整するのだが、緩すぎず締まりすぎず経験を積む必要がある。

スピニングリールとベイトリールのドラグ性能の違いとは!?

ドラグ性能は上記で述べた通り魚が掛かったときの引きの強さによってラインがリールから滑りだし、滑り出したラインがどれだけスムーズにラインが出るのかを調整できる機能である。その性能はスピニングリールの方が上で、ベイトリールと言われる両軸リールはどうしても劣ってしまう。ベイトリールによってはドラグ機能がほぼないものもある。実際に検証してみれば分かるが同じ価格で比較すればそれが良くわかる。ベイトリールを選択するのであればドラグ性能をカバーするために竿の長寸が長くクッション性の高いものでカバーする必要がある。また、ベイトリールはドラグ性能よりテクニックでカバーするようなリールで手返しが悪いため数釣りには適していない。私自身あらゆるリールを試した結果、ドラグ性能を活かしたスピニングリールが基本的におすすめである。

ラインの種類と太さでサイズを選定しよう

海上釣り堀は推進が10m前後であるが、ライントラブルや釣行の度にミチイトが短くなることを前提にラインを100m以上巻けるものが良い。メーカーホームページの機能・仕様表で標準巻糸量の記載があるので、使用するラインの種類や太さでサイズを選ぼう。もし大きめのサイズを選んでもミチイトを巻く前に、下糸といわれる土台を作ってあげれば良い。例えばナイロン『3-140』と記載されていれば、3号を140mまで巻けることになる。ミチイトを100mを巻くなら40m分足りないことになるが、下糸を40m分巻けば問題ない。実際には下糸の号数によってm数は変わるが、釣具店でラインを買うときにスタッフに相談すれば下糸は無料で巻いてくれる。

リールメーカーはダイワ?シマノ?

こればかりは好みです。どちらが良いとかはない。私はダイワの方が多く所有している。ダイワは耐久性があり長持ちするイメージ。シマノは軽量で使いやすいく扱いやすいイメージ。どっちを選んでもまったく問題ない。新商品は値段の割に機能が高くコスパが良いので、新商品がおすすめだ。各メーカーのリールに記載されている番手の数字には互換性がなく、ダイワで『3000』ならシマノは『4000』である。

海上釣り堀でおすすめのリール

ミチイトは青物ならPE3号、ナイロン・フロロカーボンは4~5号。真鯛ならPE1.5~3号、ナイロン・フロロカーボンは3~4号が良い。どの号数でも対応できるようなおすすめのリールを紹介しよう。ちなみに高価なリールの方がドラグ性能が高く機能面に優れているのは当然だが、安価なものでも十分海上釣り堀で対応できる。

入門クラス

ダイワ エクセラー3000


ナイロン糸巻量:3号200m
PE糸巻量:3号150m
最大ドラグ力:7kg

シマノ ナスキー4000


ナイロン糸巻量:3号170m
PE糸巻量:3号160m
最大ドラグ力:11kg

中堅クラス

ダイワ セルテート3000


ナイロン糸巻量:3号200m
PE糸巻量:3号150m
最大ドラグ力:7kg

シマノ ツインパワー4000PG


ナイロン糸巻量:3.5号170m
PE糸巻量:3号160m
最大ドラグ力:11kg

上位クラス

シマノ ステラ4000


ナイロン糸巻量:3.5号170m
PE糸巻量:3号160m
最大ドラグ力:7kg

まとめ

高価なリールの方がドラグ性能が高く機能面に優れているが、安価なものでも十分海上釣り堀で対応できる。それぞれのリールのドラグ性を理解し適性の設定をすれば問題ない。ただドラグ性能が良ければバラす確率が減り釣りやすい。使用するミチイトの種類や太さによってリールのサイズを選ぼう。

sponsor




sponsor




-海上釣堀のタックル, 記事一覧
-, , ,

Copyright© 海上釣り堀攻略ナビ , 2020 All Rights Reserved.