海上釣り堀を攻略し竿頭を目指すためのサイトです。失敗は竿頭へと続く道の上にある。そして誰もが竿頭の権利は持っている!

海上釣り堀攻略ナビ

海上釣堀の仕掛け 記事一覧

海上釣り堀でワンランク上の仕掛けの作り方《ウキ釣り編》

更新日:

海上釣り堀の基本はウキ釣り

海上釣り掘で基本となるのはウキ釣り仕掛けである。ベテランになってくるとミャク釣りに転換する釣り客も多いが、ウキ釣りは遠投できるメリットや何よりウキが沈むあの瞬間が楽しくてやめられないのもあり、海上釣り堀で基本となる釣り方の一つである。基本的な仕掛けはネットを検索すればどこにでも載っているが、私の過去の経験から『バラシの確立を減らす』ことを軸に仕掛けづくりの解説していきたいと思う。

海上釣り堀の基本的な仕掛け

出典:http://www.osaka-misaki.com/beginner

海上釣り堀の基本的な仕掛けは、上からウキ止め、シモリ玉、ウキ、シモリ玉、オモリ付きクッションゴム、ハリス、ハリの順に繋げてある。各パーツの役割を良く理解し、一つひとつ丁寧に手を抜くことなく仕掛けを作って欲しい。仕掛けのせいでバラすことをゼロにすることは釣果アップの秘訣だ。バラせば全体的に活性が落ちマイナスでしかない。面倒でも焦らず時間を掛けて仕掛け作りすることが結果としてプラスになることを絶対に忘れてはならない。

ミチイト


ミチイトの素材はPEまたはナイロンがおススメ。私はウキ釣りではPEを使用しているが、それは他の釣りと両立しているためPEの方が都合が良いからだけ。もしそれが無ければナイロンにしていると思う。それぞれメリット・デメリットがあるが簡単に言えば、PEは強度があるがトラブルがあると対処するのに時間が掛かり中級者以上向け。ナイロンはクッション性がありバラシにくいしトラブルが少ないため初心者にはおススメ。PEなら2.5~3号、ナイロンなら3~5号くらいで良い。オフショアジギングではPE3号で10キロのブリをゴリ巻き釣り上げているが切れた試しがない。ナイロンは青物を意識するなら5号くらい、真鯛なら3~4 号くらいを選べば無難だ。PEを選択するなら4つ編みではなく、上記のx8と記載してある8つ編みが強度が高くおススメ。

ウキ止め


ウキ止めは最も重要なアイテムの一つだ。それは海上釣り堀の釣果に大きく影響してくるタナを固定するパーツだからである。ミチイトがナイロンでもPEでも『PE専用ウキ止め』がおススメ。PE専用のウキ止めは抵抗が強く、ウキ止めがミチイトからズレ難いためおススメなのである。

遊動ウキ


ウキは長すぎないものを選択しよう。長いほうがアタリが取りやすいが、遠投に向いてなく絡んだり手返しが悪いのでおススメしない。逆に短いと手返しが良くトラブルが少ないため数釣りをしたいなら基本は短めのウキを選択しよう。長いウキは竿が長ければ遠投や手返しの面をカバーできるがだけで、常時使うには向いていない。長さや形状・素材などいろいろ試したが最終的には軽くて短めのものが無難である。ウキは仕掛けにそのまま付けるのではなく、シモリペットを仕掛けに通しシモリペットのフックをウキに着けるのが基本だ。

シモリペット

オモリ付きクッションゴム


下記の下記の製品が一番安定している。クッションゴムは魚の引きを吸収するためでバラシを軽減できる。注意しなければならないのが徐々に劣化していく消耗品であること。切れるまで使うのではなく2~3回の釣行で思い切って捨ててしまおう。せっかくの大物が掛かってもクッションが切れてしまう。。何て後悔だけはして欲しくない。
オモリはウキの号数から0.5号引いたものを選ぼう。例えばウキに3号と記載されていたら、オモリは2.5号が良い。もしウキ3号・オモリ3号の仕掛けをセットし、さらにエサを付けるとウキが沈んでしまうことになる。ウキの種類やオモリによって多少違いがあるが、ウキとオモリを同号数にすると調整が難しく釣りにならない。ウキの号数から0.5号引いたオモリを付け、ガン玉やヨリモドシを大きくするなどし浮力の調節をする方が無難である。よってウキの号数から0.5号引いたオモリがベスト。活きアジ・イワシなどを付ける場合はオモリの号数から2号プラスしたウキを付けて調整しよう。

シモリ玉


シモリ玉はトップのガイドに玉が通過しないければできるだけ小さなサイズを選ぼう。ルアーロッドはガイドが大きいのでシモリ玉が小さいとリールまで来てしまうことがある。よってトップガイドに通過しない程度に小さめのものが良い。またシモリ玉はラインを通す穴の大きさが上下で違う。ウキ上のシモリ玉は穴が小さい方を上、ウキ下のシモリ玉は逆に穴が大きい方を上に使用。これはそれぞれ反対につけるとウキ止めやクッションゴムの結び目に引っ掛かりトラブルになるため注意しよう。

ハリ


ハリの種類は管付きバリが断然おススメである。市販で販売されているハリス付きのものでもいいのだが、経済的ではないので自分でハリくらいはそのうち結ぶことになる。手返しとトラブルの確立を考えると管付きバリに私は辿り着いた。普通のハリは結び方が甘いとハリスからハリが外れてしまいバラしてしまうことがある。このような人的ミスで無駄にバラしてしまうことだけは避けたい。管付きバリなら簡単に短時間で結ぶことができるので、少し慣れれば初心者でも簡単に結べるし何より人的ミスのバラシが極端に減る。管付きハリは管の部分が釣果に悪影響するようなイメージを持たれている人も多いが、全く問題ありません。また、私はハリの交換を頻繁にしている 。ハリの色も黒色系・金色系・ケ イムラ系などあり、最近は新発売のケイムラが調子が良い。真鯛は11号前後、青物は13号前後がおススメ。

ウキストッパー


ウキストッパーはトラブル防止のためだが、逆にトラブルになることがあるので私は使わなくなった。3m以上の竿なら付けた方が手返しが良くなり効果的だが、無理してトラブルになるくらいなら付けない方が良い。

仕掛けの結び方はすべてダブルユニノット

私はハリや仕掛けはすべてダブルユニノット結びをしている。この結び方は簡単で正確に結べば結び目からまず切れることはない。青物は瞬発的な力が加わるためユニノットでは結び目から仕掛けが外れることがある。普通のユニノットでも良いのだが私は2回仕掛けを通すことで強度が上がるダブルユニノットがおススメしている。注意点は2回通したライン同士が重ならないようにすること。もし、重なっていると強度が極端に下がるので必ず気を付けよう。練習して慣れよう。

絶対に欠かかしてはならないタナ取り


タナ取りを使い、先ほど紹介したウキ止めの調整作業をしよう。一刻も早く釣りはじめたい気持ちを抑えて、このタナ取り作業を必ず丁寧に実施しよう。根掛かりや魚のいるタナをの調整を行うのが目的で、最初は底から50センチ上げたところでセットし魚のいるタナを探ろう。海上釣り堀で用意されているレンタルタックルは、釣り場の水深に合わせ、あらかじめタナ取りまで済ませたものを貸し出している場合も多いが、レンタルでも生簀によってズレを調整するためタナ取りは持っていこう。

まとめ

仕掛けはバラシを軽減することを軸に丁寧に作ることが大事。ダブルユニノットで仕掛けを結び、消耗品は早めに交換することが基本である。焦らず落ち着いて時間を気にせずに正確に仕掛け作りをしよう。ウキは短めのものが反応が分かり易く手返しが良いものを選ぼう。タナは釣果を左右する重要なことで、タナ取りでアタリ棚を探しウキ止めで棚の固定をしよう。

sponsor




sponsor




-海上釣堀の仕掛け, 記事一覧
-, , , ,

Copyright© 海上釣り堀攻略ナビ , 2020 All Rights Reserved.