海上釣り堀を攻略し竿頭を目指すためのサイトです。失敗は竿頭へと続く道の上にある。そして誰もが竿頭の権利は持っている!

海上釣り堀攻略ナビ

海上釣堀の仕掛け 海上釣堀のタックル 記事一覧

海上釣り堀の脈釣りを極めるならタックルと仕掛けが重要!

更新日:

穂先でアタリを取る釣り方は脈釣りとズボ釣りがある

海上釣堀ではウキなしで穂先でアタリを取る釣り方には『脈釣り(ミャク釣り)』と『ズボ釣り』がある。

一般的に、脈釣りはオモリを付けないことを言い、ズボ釣りはオモリを付けてる釣り方のことを言う。海上釣堀では、どちらの釣り方も有効である。私の場合、ウキなしの釣りでは脈釣りをしている。ズボ釣りはオモリを付けている分手返しは良いが繊細なアタリをとらえるのは難しい。一方、脈釣りはオモリが付けていないため警戒心や捕食時の違和感が少なくアタリが多くなることがメリットだ。また喰い渋ってウキが反応しないようなときでもアタリを取ることができるため私はズボ釣りではなく脈釣りをしている。

脈釣りのデメリット

脈釣りは探れる範囲が狭いことがデメリットである。目の前に魚が集まっていない状態でいくら頑張って竿を出しても無駄になる。もしエサのローテーションをしてもアタリがないようなら魚が目の前に集まっていないので、ウキ釣りにチェンジした方が良い。ウキ釣りのメリットは広範囲で探ることができるため脈釣りを基本にしている私でも釣れないときは無駄に頑張らずにウキ釣りにシフトする。放流時は活性が上がり魚が拡散するため放流直後は脈釣りをメインにしている。

ウキ釣りと脈釣りの両立は最強

ウキ釣り・脈釣りのどちらか一方の釣り方をしている上級者で、毎回コンスタントに安定した釣果を上げている釣り客がいる。そのようなベテラン上級者は稀にいるが、安定した釣果を継続的に上げることはなかなかできることではない。それぞれの釣り方の長所短所を活かした釣り方をすることが釣果アップの秘訣である。ウキ釣りをある程度経験し釣れるようになったら脈釣りを身に着けよう。

海上釣り堀の脈釣りのタックルと仕掛けについて

脈釣り竿は専用ロッドと筏竿

出典:http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/iso_rod/hiryu_ikada/index.html

脈釣り竿は専用ロッド・筏竿や自作ロッドなどがある。以前の記事でもロッドの紹介したが、今回紹介するのは実際に私が先日購入し実体験に基づいて解説しよう。2018年2月に発売開始したダイワ飛竜180P・Vである。飛竜には板シートタイプとパイプシートタイプの2通りのラインナップがある。板シートは150㎝、180㎝、210㎝。パイプシートは120㎝、150㎝、180㎝のそれぞれ3アイテムある。今回はパイプシートを選定したが、その理由は掛けた魚が暴れにくいバットパワーがある本調子を採用しているから。一方、板シートは食わせの先調子でありロッド全体が柔らかく合わせの面でパイプシートの本調子の方が海上釣堀に向いていると判断したからである。

ダイワ飛竜180P・V


飛竜を実戦で試した結果は、適度な長さで扱いやすく、本調子仕様でも十分にソフトな穂先で繊細なアタリを捕らえることができる。180㎝の長さだと大きく合わせを取る必要があり、もう50㎝ほど長ければ言うことない。しかし、飛竜パイプシートはバットパワーがあり、しっかりとしたグリップ力で真鯛から青物まで対応できる非常におすすめのロッドだ。海上釣堀の脈釣りでは活躍してくれると思う。

脈釣り竿に付けるリール

ダイワ飛竜180P・Vに付けたリールは 。筏竿には両軸リールが一般的だが、私はスピニングリールを使う。ドラグ性能やキャストの面を考えるとスピニングリールの方が部がある。もちろん両軸リールも使っているが、両軸リールはドラグ性能が低いため身体を使ったやり取りが必要で数釣りをするにあたり体力を消費してしまう。ようは疲れるから使わないのである。

脈釣りで使用するミチイトのライン

ミチイトのラインはナイロンまたはフロロカーボンを使い、PEは脈釣りには向いていないためおすすめしない。PEはクッション性がなく魚の引きを吸収できないからである。そのためクッション性があるナイロン、又はフロロを選択しよう。フロロは張りがあり伸縮性が低い素材であるが、摩耗性に強く根ズレなどの外傷に強いメリットがある。伸縮性が低いと言うことはアタリが伝わりやすく小さなアタリを捕らえることができるのでフロロがおすすめだ。ナイロンは光の屈折率低く伸縮性があるため、魚の食いやハリ掛かりが良くないためどちらかと言うとフロロの方が有利だ。

フロロカーボンのデメリット

フロロのデメリットは巻きぐせが付きやすいことと結束部の弱さにある。まず巻き癖を解消するには、ラインを両手で持ってぎゅっと引っ張るだけで、巻きぐせは簡単に取れる。約10m(底までのライン)をリールからだし1mごとにラインを両手で引っ張りヨレを取ろう。結束部の弱さは結び目の負担を分散できるダブルユニノットで結べば問題ない。

脈釣りの仕掛けは管付きハリのみでOK

脈釣りの仕掛けはミチイトに管付きバリを結ぶだけで、クッションゴムは不要である。クッションゴムが必要としないのは、ミチイトにクッション性の高いフロロカーボン、又はナイロンを使いライン全体で引きを吸収すれば問題ないからである。管付きバリはダブルユニノットで結び、ひげを0.5~1㎝残して切断する。潮流やエサにより底取りが難しい場合は小さなガン玉を付けよう。ノーシンカーだとどうしても手返しが悪くなるので穂先が沈みこまない程度の小さなガン玉を付けよう。

カン付海上釣堀(ケイムラ)RK-11

このシリーズには、色がケイムラ・金・黒の3色ある。真鯛にはケイムラ11号を使い、青物は黒13号を基本にしている。経験値で各色・サイズを試した経験で基本としているが、状況に合わせて使い分ける必要がある。管付バリは結びやすいく仕掛けでバラシがないことが最大のメリットだ。ダブルユニノットでしっかり結びハリ外れないように丁寧に結べば最強だ。

底取りをして目印を付けよう

タナ取りで底を取りを行い目印を付けよう。目印なしでは根掛かりばかりして釣りにならない。私はPE専用のウキ止めを目印てして使用している。リールの手前に2か所ほど付けて底取りの目安にしよう。ウキ止めは結び目を小さくしないと穂先に引っ掛かかり破損してしまう恐れがるため注意がいる。心配ならマジックなどで色を付けても良い。

まとめ

時と場合によって脈釣り・ウキ釣りを使い分けよう。ウキ釣りが慣れてきたら脈釣りで繊細なアタリを捕らえ数釣りに挑戦しよう。特に活性が低くウキに反応しないようなアタリにも対応できる脈釣りと広範囲で探ることができるウキ釣りの両立は釣果を安定させることができる秘訣である。

sponsor




sponsor




-海上釣堀の仕掛け, 海上釣堀のタックル, 記事一覧
-, , , ,

Copyright© 海上釣り堀攻略ナビ , 2020 All Rights Reserved.