海上釣り堀を攻略し竿頭を目指すためのサイトです。失敗は竿頭へと続く道の上にある。そして誰もが竿頭の権利は持っている!

海上釣り堀攻略ナビ

海上釣堀の仕掛け 海上釣堀のテクニック 記事一覧

海上釣堀でバラさないための仕掛けの結び方《ダブルユニノット編》

更新日:

釣果は結び方ひとつで左右する

海上釣堀でバラさないための仕掛けの結び方はいろいろあるが、私がおすすめするのはダブルユニノット。どんな結び方でも慣れが必要だが、慣れてしまえばこの結び方は結び目が原因でバレることはまずない。ダブルユニノットは簡単で強度がある結び方なのが強み

そしてこの記事を書こうと思ったのは私の自作エサでの釣果レポートをいただいたアングラーさんが仕掛けのせいでのバラしが多かったから。せっかくハリに乗せたのに・・・がないように今から注意点と結び方のポイントを解説していきたい。

ユニノットとダブルユニノットの違いと結び方

ダブルユニノットは仕掛けにラインを通す際にユニノット違い余分に1周させるだけである。

 

結び方はまず仕掛けにラインを1周させる

 

画像のように輪をつくる

 

そして本線と一緒に輪の中に4~5回巻きつける

 

あとは本線と先端側片方ずつ引っ張り締めあげる

あとは先端の余分なラインを5~10mm残してカットする。これをしないとハリが仕掛けから外れてしまうことがあるので注意して欲しい。余分なラインを残してたとしても差ほど釣果に影響が無いのであまり気にしなくて良い。

ダブルユニノットとユニノットの強度の違いを測定したサイトがあるが、経験ではなく数値でもダブルユニノットが有効なのである。ラインはPE・フロロカーボン・ナイロンのどの素材のラインでもこの結び方で対応可能だ。

なぜダブルユニノットが良いのか!?

ユニノットでは結び目一点に力が集中するが、ダブルユニノットは結び目全体に力が分散できるためダブルユニノットの方が良いのだ。以前はユニノットにしていたがフロロ3号程度だと強い力が加わるとラインからハリが外れてしまうことがあった。そこでダブルユニノットに変更したところハリ外れがほとんどなくなり、それからはこの結び方を基本にしている。

注意点

ダブルユニノットの注意点は仕掛けにラインを通す際に余分に1周させるのだが、そこで交差しないようにすること。もし交差した場合、その部分に力が集中してしまうためラインブレイクとなってしまう。焦って結び方が適当にならないように慎重に結ぶことが重要である。とは言えいくら強度があるダブルユニノットでも瞬発的な力が加わればもちろん切れてしまう。そのためドラグ調整をして魚の強い引きに耐えれるようにしよう。

まとめ

とにかく丁寧にダブルユニノットを組んでいこう。ポイントは簡単で強度がある結び方。仕掛けは結び方ひとつで釣果を左右するため慎重になること。特に時合中などは焦ってしまうが、そんな時こそバラさないためにゆっくりと仕掛け作りをしよう。結び方に慣れるまでは何度でも練習して実釣に備えること。ラインはPE・フロロカーボン・ナイロンのどの素材のラインでもこの結び方で対応可能だ。

sponsor




sponsor




-海上釣堀の仕掛け, 海上釣堀のテクニック, 記事一覧
-, , , ,

Copyright© 海上釣り堀攻略ナビ , 2020 All Rights Reserved.